アンチエイジングを目指すなら上手に美容外科を利用する

ピックアップ

  • 注射で簡単

    美容外科といえば切除して大きく顔の造形を変えるというイメージがあるが、ヒアルロン酸注射であれば特に切開もしない。このため、最近流行りのプチ整形でもよくとられる手法である。

新着記事

老けて見える原因

肌を触りながら斜め下を見ている

若い時と歳を取ったときでは、特に目鼻立ちが変わったわけではないのに、顔の印象が変わることがある。これは肌の水分やコラーゲンといった成分が少なくなり、たるみが生まれていることが原因である。

切除など

両手で肌を触る女性

目の下のたるみは特に印象深いところなので、美容外科などで治せるのであれば対処したいものである。元々眼下の袋が大きい人は、切除で脂肪を取る手術を使えばすぐにたるみが取れる。

若く見えるコツ

鏡で肌をチェックする様子

人は年齢を重ねるごとに新陳代謝も衰え、若い頃とは当然肌の質なども違ってくる。
しかし、手入れによっては同じ年令の人でも全く見た目年齢が違うということはよくあることである。
見た目年齢は特に肌のハリが関係してくる。
肌のハリというものは、目鼻立ちとはあまり関係がないので、変化に気づきにくい部分である。
ハリは印象に大きく関わってくるので、なんとなく暗く見えたり、目の下のたるみが大きくなってきたり、化粧のノリが悪くなってくることで肌が衰えていることがわかる。
肌のハリがある人とない人の顔を並べてみると目の下のたるみなどその見た目年齢の差が分かりやすい。
このように、見た目年齢はシワやハリが大きく関わってくることが分かる。
ハリをできるだけ失わないようにするには、タバコなど、肌の新陳代謝が悪くなるような生活習慣の癖を治すことが大事である。

人は顔の年齢は特に気にしてしまうものである。
このため、昔から美容外科のような施術は常に行われてきた。
エジプト文明では王に大きな影響を与えた王女の伝説が残っているが、この王女は世界三大美女ともよばれている。
このような歴史からも分かるように、美は人間が本質的に追い求めるものなのである。
美容外科ではヒアルロン酸注射などが行われているが、この施術はごく最近発明されたものである。
ヒアルロン酸注射のように最近発明されたものの他にも、外科技術を駆使した施術は昔からその知識が蓄積されてきた。
その技術は今後もより蓄積されることであろう。